コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 エ

7件 の用語解説(重の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

え〔へ〕【重】

[接尾]助数詞。数を表す語に付いて、重なったものを数える語。「二(ふた)まぶた」「八咲き」

じゅう〔ヂユウ〕【重】

[名]
重箱」の略。「お
段階。位。
「面白き位より上に、心にも覚えず、あっと云ふ―あるべし」〈花鏡
(他の語の上について)
㋐一般的なものより重いことを表す。「金属」「機関銃」
㋑程度がはなはだだしいことを表す。「過失」「加算税」
[接頭]
同位体のうち、普通より質量の大きいほうのもの、または、それを含む化合物であることを表す。「水素」「水」
酸の1分子中に、中心原子が2個以上含まれていることを表す。「クロム酸カリウム」
酸性塩であることを表す。現在は用いない。「炭酸ソーダ」
[接尾]助数詞。重なったものを数えるのに用いる。「二

じゅう【重】[漢字項目]

[音]ジュウ(ヂュウ)(慣) チョウ(漢) [訓]え おもい かさねる かさなる
学習漢字]3年
〈ジュウ〉
目方がおもい。「重量重力重金属加重荷重体重比重
程度がはなはだしい。容易でない。「重罪重傷重税重責重体重篤重労働
大切である。大切にする。おもんじる。「重視重大重鎮重点重役重要
軽々しくしない。おもおもしい。「重厚厳重
かさなる。かさねる。「重婚重箱(じゅうばこ)重版重訳多重
〈チョウ〉
おもい。「軽重輜重(しちょう)
大切にする。おもんじる。「重宝貴重自重尊重珍重
軽々しくしない。「慎重鄭重(ていちょう)
かさなる。「重畳重複重陽九重
〈え〉「幾重(いくえ)二重(ふたえ)十重二十重(とえはたえ)
〈おも〉「重荷気重身重
[名のり]あつ・あつし・いかし・おもし・かさぬ・かず・かたし・しげ・しげし・しげる・のぶ・ふさ
[難読]重石(おもし)重籐(しげどう)

ちょう【重】[漢字項目]

じゅう

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

え【重】

( 接尾 )
助数詞。重なったもの、重なった回数をかぞえるのに用いる。 「二-まぶた」 「八-桜」

じゅう【重】

[1] ( 名 )
重なっていること。段階。階級。 「同じ上手なりともそのうちにて-あるべし/風姿花伝」
重箱 」に同じ。 「 -詰め」 「二の-」
(他の語の上に付いて)
重さが重いことを表す。 「 -戦車」
程度がはなはだしいことを表す。 「 -過失」
▽↔
( 接頭 )
オキソ酸で、酸一分子中に、中心原子が二個、またはそれ以上含まれていることを表す。 「 -クロム酸」 〔現在では、重クロム酸のように、酸二分子から水一分子がとれたかたちのものは、二クロム酸のように、「二」をつけて表す〕
酸性塩であることを表す。 「 -炭酸ナトリウム」 〔現在では、炭酸水素ナトリウムなどのように呼ぶ〕
同位体のうち、質量数の大きい方のもの、またそれから成る化合物であることを表す。 「 -水素」
( 接尾 )
助数詞。重なっているものを数えるのに用いる。 「二-窓」 「五-の塔」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

じゅう【重】

「重箱」の略。⇒重箱

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重の関連情報