コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畳語 じょうご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畳語
じょうご

同一形態素の結合から成る合成語。「人々」「行く行く」「ほのぼの」など。また,同一形態素の結合によってつくられた語幹に接尾辞がついた「みずみずしい」のようなものも含める。擬声語擬態語に特に多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ご〔デフ‐〕【畳語】

同じ単語または語根を重ねて一語とした複合語。意味を強めたり、事物の複数を示したり、動作や作用の反復・継続などを表したりする。「我々」「泣き泣き」「またまた」「はやばや」「知らず知らず」などの類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうご【畳語】

同一の造語要素の繰返しによって1語を形成したもの。複合語の一種。語には,自立する語句の重畳(〈人々〉〈みるみる〉〈よくよく〉〈知らず知らず〉),非自立語の重畳(〈ほのぼの〉〈ちかぢか〉)があり,それ自体自立語となるもの(以上の例),他の語の造語成分になるもの(〈いたいた‐しい〉)がある。擬声語・擬態語にも重畳形式(〈トントン〉〈すくすく〉など)が多いが,その他の語では〈ひとびと〉〈ふかぶか〉〈かえすがえす〉のように連濁の現象があるのに,擬声語・擬態語では漢語の場合(〈転々〉〈嬉々〉など)と同様,連濁をおこさない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうご【畳語】

複合語の一。同一の単語あるいは語根を重ねた語。「人々」「泣く泣く」「重ね重ね」「知らず知らず」の類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畳語
じょうご

同一の形態素を重ねて用いた形式の複合語。「さらさら」のように全体がそうであるものと、「軽軽(かるがる)しい」のように一部が重ねられているもの(重綴(じゅうてつ))とがある。意味は場合によりさまざまであるが、いくつかの類型に分けられる。
(1)複数 人人、木木、山山
(2)反復 重ね重ね、次次、飛び飛び
(3)強調 まるまる、津津浦浦、見る見る
(4)不定 だれだれ、何何
(5)擬音・擬態語 きらきら、しずしず、ごろごろ、やれやれ
 このうち(1)から(4)は、基本的には複数を示すものと解される。(5)は、幼児語にも共通する、一種の強調と考えられるものである。[近藤泰弘]
『阪倉篤義著『語構成の研究』(1966・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の畳語の言及

【数】より

…〈本がある〉という文において,本は数に関して特定されていない。〈山々〉〈人たち〉〈あなたがた〉などのように,畳語(じようご)や接尾辞によって複数を示す手段があるが,語彙や使用場面に種々の制約がみられる。なお,当然のことながら,数のカテゴリーをもたないことは,その言語の話者に数の観念が欠如していることを意味するものではない。…

※「畳語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

畳語の関連キーワードニライカナイたしだしにおおおお早口言葉道々の者津津浦浦タイ語洒落重言副詞

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android