畳語(読み)じょうご

  • じょうご デフ‥
  • じょうご〔デフ〕

世界大百科事典 第2版の解説

同一の造語要素の繰返しによって1語を形成したもの。複合語の一種。語には,自立する語句の重畳(〈人々〉〈みるみる〉〈よくよく〉〈知らず知らず〉),非自立語の重畳(〈ほのぼの〉〈ちかぢか〉)があり,それ自体自立語となるもの(以上の例),他の語の造語成分になるもの(〈いたいた‐しい〉)がある。擬声語・擬態語にも重畳形式(〈トントン〉〈すくすく〉など)が多いが,その他の語では〈ひとびと〉〈ふかぶか〉〈かえすがえす〉のように連濁の現象があるのに,擬声語・擬態語では漢語の場合(〈転々〉〈嬉々〉など)と同様,連濁をおこさない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

複合語の一。同一の単語あるいは語根を重ねた語。「人々」「泣く泣く」「重ね重ね」「知らず知らず」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同一の形態素を重ねて用いた形式の複合語。「さらさら」のように全体がそうであるものと、「軽軽(かるがる)しい」のように一部が重ねられているもの(重綴(じゅうてつ))とがある。意味は場合によりさまざまであるが、いくつかの類型に分けられる。
(1)複数 人人、木木、山山
(2)反復 重ね重ね、次次、飛び飛び
(3)強調 まるまる、津津浦浦、見る見る
(4)不定 だれだれ、何何
(5)擬音・擬態語 きらきら、しずしず、ごろごろ、やれやれ
 このうち(1)から(4)は、基本的には複数を示すものと解される。(5)は、幼児語にも共通する、一種の強調と考えられるものである。[近藤泰弘]
『阪倉篤義著『語構成の研究』(1966・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 同一の単語を重ねて一語とした複合語。体言、動詞の連用形および終止形、形容詞の語幹・連用形・終止形、副詞、感動詞、語根、連語などが重複する。語の意味を強めたり、事物の複数、動作・状態の反復・継続などを示したりする。「人々」「山々」「泣き泣き」「あかあか」「よくよく」「またまた」「おいおい」「ほのぼの」「がらがら」「知らず知らず」の類。〔日本文法論(1902‐08)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の畳語の言及

【数】より

…〈本がある〉という文において,本は数に関して特定されていない。〈山々〉〈人たち〉〈あなたがた〉などのように,畳語(じようご)や接尾辞によって複数を示す手段があるが,語彙や使用場面に種々の制約がみられる。なお,当然のことながら,数のカテゴリーをもたないことは,その言語の話者に数の観念が欠如していることを意味するものではない。…

※「畳語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android