野依 秀市(読み)ノヨリ ヒデイチ

20世紀日本人名事典の解説

野依 秀市
ノヨリ ヒデイチ

明治〜昭和期のジャーナリスト,政治家 衆院議員(自民党);帝都日日新聞社長。



生年
明治18(1885)年7月19日

没年
昭和43(1968)年3月31日

出生地
大分県中津市

別名
別名=野依 不屈生(ノヨリ フックツセイ)

学歴〔年〕
慶応商業卒

経歴
慶応商業夜学在学中、石山賢吉の協力で「三田商業界」を創刊、明治41年「実業之世界」と改め社長、会長となった。東京電灯の料金値下げ問題にからむ恐喝などで2回入獄。また浄土真宗に帰依、大正10年「真宗の世界」、15年「仏教思想」などを創刊した。昭和7年大分1区から衆院議員に当選。同年「帝都日日新聞」を創刊、19年東条英機内閣を攻撃し、度々発禁処分を受けた後廃刊。戦後は公職追放、解除後30年に再び衆院議員となった。33年には落選。同年「帝都日日新聞」を復刊、深沢七郎の「風流夢譚」問題をめぐって中央公論を攻撃、話題となった。著書に「宗教と社会主義と資本主義」「印度仏教史講和」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

野依 秀市
ノヨリ ヒデイチ


肩書
衆院議員(自民党),帝都日日新聞社長

別名
別名=野依 不屈生(ノヨリ フックツセイ)

生年月日
明治18年7月19日

出生地
大分県中津市

学歴
慶応商業卒

経歴
慶応商業夜学在学中、石山賢吉の協力で「三田商業界」を創刊、明治41年「実業之世界」と改め社長、会長となった。東京電灯の料金値下げ問題にからむ恐喝などで2回入獄。また浄土真宗に帰依、大正10年「真宗の世界」、15年「仏教思想」などを創刊した。昭和7年大分1区から衆院議員に当選。同年「帝都日日新聞」を創刊、19年東条英機内閣を攻撃し、度々発禁処分を受けた後廃刊。戦後は公職追放、解除後30年に再び衆院議員となった。33年には落選。同年「帝都日日新聞」を復刊、深沢七郎の「風流夢譚」問題をめぐって中央公論を攻撃、話題となった。著書に「宗教と社会主義と資本主義」「印度仏教史講和」などがある。

没年月日
昭和43年3月31日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

野依 秀市 (のより ひでいち)

生年月日:1885年7月19日
明治時代-昭和時代のジャーナリスト;政治家。衆議院議員(自民党);帝都日日新聞社長
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android