コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口三千三 のぐち みちぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口三千三 のぐち-みちぞう

1914-1998 昭和-平成時代の体育学者。
大正3年11月16日生まれ。東京体育専門学校(のちの東京教育大)助教授などをへて,昭和53年東京芸大教授。人間の身体を固体ではなく液体的な感じでとらえる独自の観点から「野口体操」を考案。芸術,教育などの分野にも影響をあたえた。平成10年3月29日死去。83歳。群馬県出身。群馬師範卒。著作に「原初生命体としての人間」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野口三千三の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門グリフィス多和田葉子平山郁夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android