コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村萬斎(2代) のむら まんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村萬斎(2代) のむら-まんさい

1966- 昭和後期-平成時代の能楽師狂言方,俳優。
昭和41年4月5日生まれ。和泉(いずみ)流。祖父・6代野村万蔵,父・2代野村万作に師事。昭和45年「靱猿(うつぼざる)」で初舞台。のち狂言「三番叟」「釣狐」「花子」などを演じる。平成2年舞台「ハムレット」に主演。6年2代野村萬斎を襲名。14年「陰陽師」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞,ブルーリボン賞主演男優賞。同年世田谷パブリックシアター芸術監督に就任。15年「オイディプス王」「まちがいの狂言」で読売演劇大賞優秀男優賞。同年「髭櫓」の演技などで芸術選奨文部科学大臣新人賞。他にテレビ「花の乱」「あぐり」への出演や舞台の演出など多方面で活躍。25年「のぼうの城」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞。東京都出身。東京芸大卒。本名は野村武司。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野村萬斎(2代)の関連キーワード新藤兼人加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)ビートルズキリスト教民主同盟東松照明ボータ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android