コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靱猿 うつぼざる

世界大百科事典 第2版の解説

うつぼざる【靱猿】

(1)狂言の曲名。大名狂言。大名が太郎冠者をつれて狩りに出かける途中,猿引が連れている毛並みのよい猿を見て,靱の皮にしたいから猿を譲れという。猿引が断ると,大名は弓矢で脅し,むりに承知させる。猿引が猿を殺そうと杖をふりあげると,無邪気な猿はその杖を取って舟の櫓を漕ぐまねをするので,あわれを催し手がくだせない。大名も無心な猿の姿に心打たれ,命を助ける。猿引は喜んで猿歌をうたい猿に舞わせる。大名も上機嫌で猿にたわむれて舞うまねをし,扇や刀,衣服をほうびに与える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

靱猿の関連キーワード坂東三津五郎(10代目)三宅 藤九郎(9代目)茂山 忠三郎(3代目)野村 万之丞(5代目)野村 万蔵(6代目)野村萬斎(2代)岸沢式佐(5代)杵屋勝三郎三宅右矩野村万蔵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

靱猿の関連情報