コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靱猿 うつぼざる

1件 の用語解説(靱猿の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うつぼざる【靱猿】

(1)狂言の曲名。大名狂言。大名が太郎冠者をつれて狩りに出かける途中,猿引が連れている毛並みのよい猿を見て,靱の皮にしたいから猿を譲れという。猿引が断ると,大名は弓矢で脅し,むりに承知させる。猿引が猿を殺そうと杖をふりあげると,無邪気な猿はその杖を取って舟の櫓を漕ぐまねをするので,あわれを催し手がくだせない。大名も無心な猿の姿に心打たれ,命を助ける。猿引は喜んで猿歌をうたい猿に舞わせる。大名も上機嫌で猿にたわむれて舞うまねをし,扇や刀,衣服をほうびに与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

靱猿の関連キーワード狂言本太郎冠者萩大名狂言扇狂言師狂言袴小名題文相撲前狂言本狂言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

靱猿の関連情報