コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイディプス王 オイディプスおうOidipous Tyrannos; Oedipus Rex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイディプス王
オイディプスおう
Oidipous Tyrannos; Oedipus Rex

ギリシアのソフォクレス作の悲劇。前 430~425年頃の作。緊密な構成のうちに悲劇的アイロニーとサスペンスをもって展開する物語はアリストテレスによっても称賛され,古来,劇作術の模範とみなされている。初演年代は不明。ギリシア神話のテーベオイディプスを主人公とし,先王殺害の真犯人を探究していった結果,おのれ自身の呪われた運命をあばき出してしまう,という筋の運びから成る。同じくソフォクレス作『コロノスのオイディプス』 (前 406作,401初演) は,晩年のオイディプスを扱っており,意志と理性によって苦悩に耐えぬきみずからの罪を償った彼の姿が描かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オイディプス王【オイディプスおう】

オイディプス伝説に基づくソフォクレスの悲劇で,ギリシア悲劇の代表作とされる。原題Oidipous Tyrannos。テーバイのオイディプス王が,父を殺して母を妻とするという神託の予言が知らぬ間に実現しているという恐るべき真実を発見していく過程を,見事に描く。
→関連項目イオカステエネスコ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

オイディプス王

テーベの王子オイディプスは宿命によって父を殺し、スフィンクスのなぞを解いたのちにテーベの王となるが、知らずに母を妻とする。男の子が母親を慕い、父親に反発を示すエディプスコンプレックスの語源。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オイディプスおう【オイディプス王 Oidipous Tyrannos】

古来最高傑作の誉れ高いソフォクレス作のギリシア悲劇。前429年ころから前425年ころに上演されたと推定される。テーバイの都に突如襲いかかってきた疫病の原因が,先王ライオス殺害の汚れにあるとアポロンの神託によって知らされたオイディプス王は,早速犯人糾明に取りかかる。自己の身の潔白になんの疑いも持たない王は,テーバイを災厄から救う熱意から皮肉なのろいを未知の殺害犯人にかける。オイディプスはかつてスフィンクスのなぞを解いて王となった,その自己の知性に満腔の自信を抱いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オイディプスおう【オイディプス王】

ギリシャ悲劇。ソフォクレス作。紀元前420年代初期(?)に上演。オイディプス伝説を題材とし、真理の発見が運命の逆転に至るさまを描いて、アリストテレス以降、悲劇の筋構成の模範とされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オイディプス王
おいでぃぷすおう
Oidipus Tyrannos

古代ギリシアの大悲劇詩人ソフォクレスの悲劇。紀元前430年ごろの上演と伝える。アイスキロス、エウリピデスにも同じ題材の作品があるが、ソフォクレスのものがとくに名高い。
 テーベの王ライオスと妃イオカステの間に生まれる子は、父を殺し母と結婚すると神託が告げたので、生まれた赤子は召使いに命じて捨てられる。召使いは哀れんで赤子をコリントの家来に託し、そこの王家でオイディプスは王子として成人する。彼にも同じ神託が下るので、恐れてコリントを去るが、その途中、ある三叉路(さんさろ)で見知らぬ老人の一行と争い、1人を除いてすべてを殺す。この老人こそ実父ライオスであった。テーベにきたオイディプスは、怪物を退治して王位につき、先王未亡人の実母イオカステを妃とし、子までもうけた。
 劇はこの時点から始まり、過去の恐ろしい真実の暴露に向けて展開する。テーベに荒れ狂っている疫病は先王の殺害者を罰することによって退散するとの神託で、殺害者の捜査が急務となる。預言者テイレシアスは王が下手人であると語るが、オイディプスはまったくわけがわからず、預言者を連れてきた義弟の執政クレオンの陰謀とみて争いとなる。仲裁に入った王妃は、先王を殺したのは三叉路での盗賊のしわざであったと語って安心させようとするが、三叉路と聞いて王は逆に不安にかき立てられ、ただ1人の生き残りの老僕がよびにやられる。コリントからきた使者が老王の死を報告し、帰国を要請するが、父が自らの手で殺されなかったことに安堵(あんど)する一方、母との結婚を恐れてしぶる。そこで使者は、コリント王妃が実母ではなく、使者自身がかつてテーベの召使いから素性の知れぬ赤子の彼を受け取った事実を語る。
 イオカステは真実を知って自殺し、殺害者捜査のためよばれた老僕が、赤子の彼をコリント人に託した召使いと同一人物であることがわかり、全真実を知った王は自らの手で両眼をくりぬいて号泣する。劇展開においても、その前提の事件においても、すべてが意志とは逆の方向に動いており、人間存在の虚像と実像との対照が鮮明に描かれている。[竹部琳昌]
『藤沢令夫訳『オイディプス王』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオイディプス王の言及

【オラトリオ】より

…20世紀に入ると題材も手法も多様化し,地域的な広がりを見せる。まずフランスではオネゲルが中世の神秘劇の手法を導入した《ダビデ王》(1921)を作曲,《火刑台上のジャンヌ・ダルク》(1935)では演技を伴う一種のオペラ・オラトリオを創作し,この種のものとしてストラビンスキー(ロシア)の《オイディプス王》(1927),シェーンベルク(オーストリア)の《モーセとアロン》(1930‐32)などがある。1930年ころには教会音楽改新の影響を受けて,プロテスタント教会のヒストリアがK.トーマスによって見なおされ,ドイツではJ.ドリースラーの《生ける者》(1956),スイスではW.ブルクハルトの《イザヤの顔》(1935),F.マルタンの《ゴルゴタ》(1948),《降誕の秘跡》(1959),フランスではG.ミゴの《山上の垂訓》(1936)など数多く作曲される。…

【ソフォクレス】より

… 彼の作品は全部で123編あったと伝えられているが,完全な形で現存しているのは7編の悲劇だけで,そのほかに90余の題名,サテュロス劇《追跡者》の大断片,失われた劇の多数の断片が残されている。7編の現存悲劇を年代順に記せば,《アイアス》,《アンティゴネ》(前441ころ),《トラキスの女たち》,《オイディプス王》(前429ころ‐前425ころ),《エレクトラ》,《フィロクテテス》(前409),《コロノスのオイディプス》(遺作,前401上演)となろう。ソフォクレスは自分の作風の変化について,まずアイスキュロス風の誇大な文体,次に技巧的で生硬な文体を用いた時代を経て,最後に性格描写に適した最良の文体を生み出した,と述べたことが伝承されている(プルタルコス)。…

【悲劇】より

…とくにカタルシスの意味については多くの意見がある。みずからそれとは知らずに父を殺し,母と結婚し,やがてすべてを知るオイディプスの物語《オイディプス王》(ソフォクレス作)は,しばしばギリシア悲劇の典型とみなされるが,アリストテレスはこの作品において,主人公が実の両親だと思いこんでいた人物がそうではないことを告げられるくだりに〈急転〉を見てとっている。すべてを知るという意味でここでは〈発見〉も起こるが,このように,優れた〈発見〉は〈急転〉を伴うと,アリストテレスは説く。…

※「オイディプス王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オイディプス王の関連キーワードエディプス・コンプレクスマックス ラインハルトフェニキアの女たちシュリー ムーネ野村萬斎(2代)野村萬斎(2世)新古典主義音楽アナグノリシスピッツェッティアンティゴネ喜多村 英三海辺のカフカギリシャ悲劇スタティウス藤沢 令夫早野 寿郎小久保寿人テーベ伝説福地亜紗美妹尾正文

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オイディプス王の関連情報