野見山朱鳥(読み)のみやま あすか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野見山朱鳥 のみやま-あすか

1917-1970 昭和時代後期の俳人。
大正6年4月30日生まれ。高浜虚子(きょし)に師事し,「ホトトギス」同人となる。第1句集「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」には「曩(さき)に(川端)茅舎(ぼうしゃ)を失ひ今は朱鳥を得た」と虚子の序文がある。昭和27年「菜殻火(ながらび)」を創刊,主宰した。昭和45年2月26日死去。52歳。福岡県出身。鞍手中学卒。本名は正男。句集に「荊冠(けいかん)」「天馬」など。
【格言など】泣くものの声みな透る夜の霜(「野見山朱鳥全句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android