コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野見山朱鳥 のみやま あすか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野見山朱鳥 のみやま-あすか

1917-1970 昭和時代後期の俳人。
大正6年4月30日生まれ。高浜虚子(きょし)に師事し,「ホトトギス」同人となる。第1句集「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」には「曩(さき)に(川端)茅舎(ぼうしゃ)を失ひ今は朱鳥を得た」と虚子の序文がある。昭和27年「菜殻火(ながらび)」を創刊,主宰した。昭和45年2月26日死去。52歳。福岡県出身。鞍手中学卒。本名は正男。句集に「荊冠(けいかん)」「天馬」など。
【格言など】泣くものの声みな透る夜の霜(「野見山朱鳥全句集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野見山朱鳥の関連キーワード波多野 爽波野見山 朱鳥4月30日橋本 鶏二福田 蓼汀神尾久美子川端茅舎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android