コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野見山朱鳥 のみやま あすか

1件 の用語解説(野見山朱鳥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野見山朱鳥 のみやま-あすか

1917-1970 昭和時代後期の俳人。
大正6年4月30日生まれ。高浜虚子(きょし)に師事し,「ホトトギス」同人となる。第1句集「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」には「曩(さき)に(川端)茅舎(ぼうしゃ)を失ひ今は朱鳥を得た」と虚子の序文がある。昭和27年「菜殻火(ながらび)」を創刊,主宰した。昭和45年2月26日死去。52歳。福岡県出身。鞍手中学卒。本名は正男。句集に「荊冠(けいかん)」「天馬」など。
【格言など】泣くものの声みな透る夜の霜(「野見山朱鳥全句集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

野見山朱鳥の関連キーワード夜来石出烏旭逸山空二壺半須原素交双竹大蕪長隠(1)増田美恵女

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野見山朱鳥の関連情報