金仏(読み)かなぶつ

精選版 日本国語大辞典「金仏」の解説

かな‐ぶつ【金仏】

〘名〙
金属で作った仏像。かなぼとけ。
※俳諧・炭俵(1694)上「金仏の細き御足をさするらん〈嵐雪〉 此かいわいの小鳥皆よる〈利牛〉」
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)三「たとへ金仏(カナブツ)、石地蔵、木で造った閻魔でも、唯はおかれぬ今霄の景勢(ありさま)
② 比喩的に、心のきわめて冷たい人。感情に動かされない人をいう。
※雑俳・蓍萩(1735)「金仏に猶心猿が手をのばす」
上海(1928‐31)〈横光利一〉四「毎日あの女を使ってゐるくせに、まさか金仏(カナブツ)でもないだらう」

かな‐ぼとけ【金仏】

〘名〙 などの金属で造った仏像。かなぶつ。
史記抄(1477)一一「瑚璉は〈宗廟の器で貴い物なれども、へは不ものぞ。よい金仏と云と同ものぞ。別の用には不立ぞ」
仮名草子・都風俗鑑(1681)二「そんりゃうのかり小袖にて、金仏(カナボトケ)のごとく荘厳して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金仏」の解説

かな‐ぶつ【金仏】

金属製の仏像。かなぼとけ。
感情の乏しい人のたとえ。「木仏金仏石ぼとけ」
[類語]持仏仏像本尊石仏木仏

かな‐ぼとけ【金仏】

かなぶつ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android