コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持仏 じぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持仏
じぶつ

個人の礼拝のため身近に置いた仏像念持仏。個人の住宅に安置するため仏像は小型で,多くは厨子持仏堂内に置かれた。旅に出るときに持運びが便利なように,小型の厨子入り仏像が造られた。法隆寺の『橘夫人厨子阿弥陀三尊像』,金剛峰寺の『諸尊仏龕 (枕本尊) 』などが著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐ぶつ〔ヂ‐〕【持仏】

守り本尊として居間に安置したり、身につけたりして常に信仰する仏像。念持仏。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じぶつ【持仏】

〔「念持仏」の略〕
常に身につけ、あるいは、家に安置しておく仏像。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の持仏の言及

【念持仏】より

…個人が朝夕に帰依礼拝する仏像で,単に持仏あるいは内仏(うちぼとけ)ともいう。また,枕辺近くに安置するところから枕本尊ともよばれる。…

※「持仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

持仏の関連キーワード行う・行なう瑠璃光寺長講堂領守り本尊仏像彫刻釣り御前どやく持明院出世者長講堂東求堂称名寺石山寺頂法寺六条殿慈照寺護国寺吾が仏持仏棚妙顕寺

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android