コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子弥平 かねこ やへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子弥平 かねこ-やへい

1855*-1924 明治-大正時代の実業家。
安政元年12月生まれ。慶応義塾にまなぶ。北京駐在公使の随員として北京にわたる。明治11年帰国,東京で中国語学校をひらき,13年興亜会幹事となる。のち外務省,国民協会をへて清(中国)にわたり現地物産の売買に従事。日露戦争時には鴨緑江の樹木事業を推進。大正13年2月17日死去。71歳。陸奥(むつ)盛岡出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

金子弥平

没年:大正13.2.17(1924)
生年:安政1.12(1854)
明治大正期の満州(中国東北部)開拓者。南部藩(岩手県)出身で慶応義塾に学ぶ。北京公使の随員として北京に渡り,帰国後東京で中国語学校を創設した。その後品川弥二郎知遇を得て外務省に入ったが,品川が国民協会を組織したとき(1892),辞して同協会のため尽力した。そして再び渡清して営口に日本雑貨店を開き,また満州物産流通の事業に従事,日露開戦(1904)に伴い鴨緑江の樹木事業や高粱酒製造に成功,さらに安東県市政にも参画した。晩年は京都で隠棲して中国革命家と交流があった。

(波多野勝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

金子弥平の関連キーワード大正時代実業家没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android