コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子弥平 かねこ やへい

2件 の用語解説(金子弥平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子弥平 かねこ-やへい

1855*-1924 明治-大正時代の実業家。
安政元年12月生まれ。慶応義塾にまなぶ。北京駐在公使の随員として北京にわたる。明治11年帰国,東京で中国語学校をひらき,13年興亜会幹事となる。のち外務省,国民協会をへて清(中国)にわたり現地物産の売買に従事。日露戦争時には鴨緑江の樹木事業を推進。大正13年2月17日死去。71歳。陸奥(むつ)盛岡出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

金子弥平

没年:大正13.2.17(1924)
生年:安政1.12(1854)
明治大正期の満州(中国東北部)開拓者。南部藩(岩手県)出身で慶応義塾に学ぶ。北京公使の随員として北京に渡り,帰国後東京で中国語学校を創設した。その後品川弥二郎の知遇を得て外務省に入ったが,品川が国民協会を組織したとき(1892),辞して同協会のため尽力した。そして再び渡清して営口に日本雑貨店を開き,また満州物産流通の事業に従事,日露開戦(1904)に伴い鴨緑江の樹木事業や高粱酒製造に成功,さらに安東県市政にも参画した。晩年は京都で隠棲して中国革命家と交流があった。

(波多野勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金子弥平の関連キーワード開拓者橘樸満州岩満州開拓団満州建国大学小松理平斎藤元宏長沢延之助林大八星武雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone