コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金山平三 かなやま へいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金山平三 かなやま-へいぞう

1883-1964 大正-昭和時代の洋画家。
明治16年12月18日生まれ。黒田清輝に師事し,フランスに留学。大正5年文展で「夏の内海」が特選,以後官展中心に作品を発表,のち官展をさった。帝室技芸員。芸術院会員。昭和39年7月15日死去。80歳。兵庫県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品はほかに「氷すべり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金山平三
かなやまへいぞう
(1883―1964)

洋画家。神戸市生まれ。1909年(明治42)東京美術学校西洋画科を卒業し、12~15年(大正1~4)渡欧してフランスほか各国を巡遊する。16年の文展で『夏の内海』、翌年は『氷すべり』が特選を重ね、文展無鑑査を経て帝展審査員となり、22年の帝展に代表作『下諏訪(しもすわ)のリンク』を出品した。35年(昭和10)の帝展改組を機として、以後いっさいの展覧会に不出品。44年帝室技芸員、57年(昭和32)日本芸術院会員。印象派をよく消化したのち、自然に即して独自の写実的風景画境を築くほか、芝居絵を得意とした。兵庫県立美術館(旧兵庫県立近代美術館)に金山平三記念室がある。[小倉忠夫]
『『金山平三画集』(1976・日動出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金山平三の関連キーワード兵庫県立近代美術館金山 らく大森 啓助大森啓助昭和時代大石田町金山らく刑部人

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android