コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金蔵主 こんぞうす

2件 の用語解説(金蔵主の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金蔵主 こんぞうす

?-1443 室町時代の僧。
後亀山天皇の皇子とも,世明王(説成(かねなり)親王の子)の王子ともいわれる。京都万寿寺の僧となる。嘉吉(かきつ)3年南朝系の尊秀王の京都侵入に応じて,日野有光らにかつがれ兄通蔵主とともに京都御所をおそう(禁闕(きんけつ)の変)。神剣・神璽(しんじ)をうばい,比叡(ひえい)山にのがれるが,同年9月26日管領(かんれい)畠山持国らに討たれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

金蔵主

没年:嘉吉3.9.26(1443.10.19)
生年:生年不詳
室町前期の南朝皇族の後裔。同中期の官人で学者,中原康富の日記『康富記』によれば,後亀山天皇の皇子と伝えられているが確実な史料は伝わっていない。兄に通蔵主なる人物がいた。金蔵主は万寿寺の僧となっていたが,嘉吉3(1443)年9月に起きた禁闕の変で,兄弟ともに日野有光らにおしいただかれ,土御門内裏に乱入し神器の剣璽を奪い比叡山に立てこもったが,まもなく金蔵主は有光らと共に殺害され,兄の通蔵主は四国に流罪に処せられている。しかし,この兄弟がどのような系統を持つ皇胤であるかは定かではない。<参考文献>『増補南北朝史論』(村田正志著作集第1巻)

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金蔵主の関連キーワード官人追立の官人後裔皇族費皇族譜三原物来国光小瀬復庵尊秀王高辻是綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone