コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金重素山 かねしげ そざん

1件 の用語解説(金重素山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金重素山 かねしげ-そざん

1909-1995 昭和-平成時代の陶芸家。
明治42年3月31日生まれ。金重陶陽の弟。兄とともに戦後の備前焼再興につくす。織豊時代の緋襷(ひだすき)を電気窯で再現し,おもに茶陶を制作した。平成3年岡山県文化賞。平成7年12月27日死去。86歳。岡山県出身。本名は七郎左衛門。
【格言など】作品は子供じゃ。生まれ変わっても焼き物をやる(常に口にしたことば)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金重素山の関連キーワード黒人問題スバルレオポルド2世新聞小説バードビューRナビゲーションシステム佐賀(県)香港映画高知県の要覧父の日ピーター・ドラッカー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone