コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路沖海底谷 くしろおきかいていこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釧路沖海底谷
くしろおきかいていこく

北海道,釧路沖の水深 80mの大陸棚外縁から始って,数段の深海平坦面および大陸斜面下刻して南へ向い,途中で直角に東に曲り,再び南下して,水深 4500mに達し,千島-カムチャツカ海溝に注ぐ海底谷。全長 150kmで,日本周辺では天竜川沖海底谷とともに第一級の規模をもつ。谷壁は急傾斜で,V字形断面,谷底の幅 2km以内,谷は深く,1300m以浅では 300m以下であるが,それ以深では 500~750mになる。支谷は数が少く,深さ 100m以内。構造谷と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

釧路沖海底谷の関連キーワードストリックランド大野台支石墓群小杉丸山遺跡東海村臨界事故ウサイン・ボルト足摺岬阿武山古墳イグアス滝王塚古墳笠野原

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android