王塚古墳(読み)おうづかこふん

  • おうつかこふん
  • おうつかこふん ワウつか‥

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福岡県嘉穂郡桂川町寿命にある装飾古墳。前方後円部のくびれ部に開口している横穴式石室内部壁画が描かれている。石室は2室に分れ,そのいずれにも壁画がみられる。赤,黒,緑,などで彩色し,馬,,大などの形象的なものから双脚輪状文や三角形の連続文などもみられる。遺物には,,玉類,馬具類,刀,挂甲類などがあったといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

王塚とよぶ古墳が各地にあるが,特定の王者の墓所と伝えたものか,大塚転訛かは明確でない。特に重要なものに,小野(兵庫県),寿命(じゆめい)(福岡県)の王塚がある。
小野王塚古墳
 兵庫県小野市王子町にある5世紀中葉の円墳。加古川東岸の段丘上に位置する古墳群中の一基で,45m,空濠をめぐらしている。1952年の調査により,内法の長さ4.8m,幅1.1mの塊石積みの竪穴式石室から,鏡,甲冑,刀,,刀子および碧玉製三輪玉を検出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福岡県嘉穂(かほ)郡桂川(けいせん)町にある前方後円墳。1933年(昭和8)の採土工事で前方部の大半を失ったが、墳丘は全長約80メートルを測る。後円部にある複式の横穴式石室の壁面は、美しい彩色画で飾られていることで名高く、わが国の代表的な装飾古墳として著名である。壁画は赤、緑、黄、黒の4色の顔料(がんりょう)を用い、前室の奥壁左右には黒色、赤色の騎馬像を精細に描き分け、その周囲は蕨手文(わらびてもん)、双脚輪状文、三角文を埋めている。後室は左壁に盾(たて)を、右壁に靭(ゆき)を上下2段に配するほか、図の空間は三角連続文などを描く。また後室にある石屋形にも三角形を4色に塗り分けた文様を描くなど変化に富んだ装飾が施されている。鏡、玉類、金環、銀環、馬具、挂甲(けいこう)など豊富な出土品が知られているが、装飾古墳のうち副葬品の内容が明らかな例は少なく、貴重な存在である。52年(昭和27)特別史跡に、副葬品は56年重要文化財に指定された。

[三輪嘉六]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 寿命王塚古墳。福岡県嘉穂郡桂川(けいせん)町寿命にある前方後円墳で、鏡、甲冑(かっちゅう)、馬具、銀鈴など多くの遺物が出土した。横穴式石室内壁面の彩色装飾で著名。国特別史跡。
[二] 小野王塚古墳。兵庫県小野市王子町にある径約四五メートルの円墳で、古墳時代後期に属す。竪穴式石室上部の盛土中から骨壺、経筒、甲冑、鏡などが出土。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の王塚古墳の言及

【装飾古墳】より

… 横穴式石室の壁面に彩色による壁画を描いたものでは,同心円,三角形,蕨手文(わらびでもん)などの抽象的文様と,靫,盾,大刀,舟などの器物と,人馬犬鳥などとの,大別すれば3種類の要素を組み合わせて用いている。たとえば,福岡県日ノ岡古墳のように,抽象的文様を主とするもの,福岡県王塚古墳のように,主室の壁画は器物を主として抽象的文様を加え,前室の壁画は人馬像を主として,余白を抽象的文様でうずめたもの,福岡県五郎山古墳のように,器物と人馬犬鳥とを用いたものなどの,各種の組合せを見いだすことができる。関東地方の茨城県虎塚古墳の場合は,靫,盾,鞆(とも),大刀,矛などの器物と,三角形,円文,渦文などの文様との組合せであるが,赤1色を用いた彩画に先立って,壁面に白色粘土の下塗りを行っているのが特色である。…

※「王塚古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android