鈴木千里(読み)すずき せんり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木千里 すずき-せんり

1807-1859 江戸時代後期の武士,医師。
文化4年生まれ。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士。坪井信道(しんどう)にまなんで蘭方医となり,藤田東湖ら尊王派とまじわる。安政大獄で江戸追放後は下野(しもつけ)(栃木県)足利(あしかが)藩医となり,足利ではじめて種痘をおこない普及につとめた。安政6年7月5日死去。53歳。本姓は長沼。名は汪汪。号は瀚斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android