コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木千里 すずき せんり

1件 の用語解説(鈴木千里の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木千里 すずき-せんり

1807-1859 江戸時代後期の武士,医師。
文化4年生まれ。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士。坪井信道(しんどう)にまなんで蘭方医となり,藤田東湖ら尊王派とまじわる。安政の大獄で江戸追放後は下野(しもつけ)(栃木県)足利(あしかが)藩医となり,足利ではじめて種痘をおこない普及につとめた。安政6年7月5日死去。53歳。本姓は長沼。名は汪汪。号は瀚斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木千里の関連キーワード岸沢式佐光の科学史並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記黒沢翁満電信符号

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone