コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木石橋 すずき せっきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木石橋 すずき-せっきょう

1754-1815 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦4年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)鹿沼の人。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,帰郷して私塾麗沢之舎をひらく。門弟蒲生君平(がもう-くんぺい)ら。天明飢饉(ききん)の際,窮民の救済につとめた。のち宇都宮藩儒。文化12年2月25日死去。62歳。名は之徳。字(あざな)は沢民。通称は四郎兵衛別号に閑翁。著作に「周易象義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木石橋の関連キーワード儒者

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android