コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木翠軒 すずき すいけん

美術人名辞典の解説

鈴木翠軒

書家。愛知県生。名は春視、号は送夢・流萍・剪燭庵など。丹羽海鶴に師事する。さらに初唐の楷法を追求し、比田井天来にもその才を認められ、東に翠軒、西に川谷尚亭ありといわれた。芸術院会員。日展顧問。文化功労者。昭和51年(1976)歿、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木翠軒 すずき-すいけん

1889-1976 大正-昭和時代の書家。
明治22年1月5日生まれ。丹羽海鶴(にわ-かいかく)に師事。習字の教科書を揮毫(きごう),書道教育に影響をあたえた。昭和32年芸術院賞。日展審査員,芸術院会員。43年文化功労者。昭和51年9月26日死去。87歳。愛知県出身。二松学舎専門学校卒。旧姓は長尾。本名は春視(はるみ)。作品に「禅牀夢美人」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木翠軒
すずきすいけん
(1889―1976)

書家。愛知県渥美(あつみ)郡伊良湖(いらご)村(現田原(たはら)市)生まれ。名は春視(はるみ)、翠軒はその号。愛知県第一師範学校を卒業して1919年(大正8)上京、丹羽海鶴(にわかいかく)に師事し、比田井天来(ひだいてんらい)の知遇も得て、二松(にしょう)学舎に漢学を学んだ。泰東書道院結成に参画し理事審査員となり、また国定教科書の揮毫(きごう)にも従事。第二次世界大戦後は日展第1回審査員に就任以来、日展を軸に活躍した。日本芸術院会員(1960)、文化功労者(1968)。王羲之(おうぎし)、空海、良寛(りょうかん)らの書に傾倒し、淡墨を駆使した独自の奔放自在な書風を樹立した。[古谷 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鈴木翠軒の関連キーワード金田心象昭和時代宮川翠雨松下芝堂大沢史峰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android