コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木鳴門(読み)すずき めいもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木鳴門 すずき-めいもん

?-1840 江戸時代後期の画家。
江戸の鈴木芙蓉(ふよう)の内弟子となり,芙蓉の子鈴木小蓮の死後師の養子となる。山水人物画にすぐれ,また詩文をよくした。養父の跡をつぎ阿波(あわ)徳島藩の絵師となる。天保(てんぽう)11年9月16日死去。阿波出身。本姓は近藤。名は積。字(あざな)は一善。通称は清次郎。別号に淡墨斎。作品に「鳴門画譜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android