コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木鵞湖 すずき がこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木鵞湖 すずき-がこ

1816-1870 江戸後期-明治時代の画家。
文化13年生まれ。石井鼎湖(ていこ)の父。22歳で江戸にでて画をまなび,のち晩年の谷文晁(ぶんちょう)に師事した。山水画,人物画にすぐれた。明治3年4月23日死去。55歳。下総(しもうさ)金堀村(千葉県)出身。名は雄。字(あざな)は雄飛。通称は漸造。別号に一鶯,我古。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木鵞湖の関連キーワードバイロン普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史カッテンダイケグナイストフォルカードボップマリア[1世]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android