コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ばつ

東アジアの体鳴楽器。金属製で中央が皿状にふくらんだ円盤を2枚打合せ,またはすり合せるもので,シンバルと同類の楽器。国により,音楽の種類により名称,形状,寸法などさまざまのものが用いられる。中国では古代に銅 鈸の名で宮廷の宴楽に用いられ,のちに各種の劇音楽に用いられるようになった。現在の京劇でも,大小の 鈸が劇の効果を高めている。日本には仏教楽器として伝来,現在でも法会で用いられるが,「はち」と称し「鉢」とも書く。これはゴング類の鐃 (にょう) と合奏されることが多く,鐃 鈸という成語がある。歌舞伎囃子では寺院などの描写に用いられるが,鐃を併用しないにもかかわらず,鐃 鈸の転訛した「妙鉢」の称を用いる。民俗音楽でも盛んに用いられ,チャッパ,手平金 (てびらきん) ,銅拍子 (どびょうし) などの名で呼ばれるが,いずれも寺院の 鈸よりずっと小型である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はち【×鈸】

寺院で用いる楽器。シンバルのようなもので、大きさは多種ある。ばち。ばつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばつ【鈸】

銅製の一対の円板状のものを打ち合わせて鳴らす楽器。銅鈸どうばつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ばつ

東アジアの金属製シンバルの総称。金属製であるため、とくに「銅(どうばつ)」ともいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【銅鈸】より

…シンバルの類で,中央が円形に隆起している円盤を打ち合わせて用いる。単に鈸ともいい,古くは抜,跋などとも書いた。中国では銅鈸子,銅盤ともいい,鐃(によう),鐃鈸,鋪,星などとも称した。…

【銅鈸】より

…シンバルの類で,中央が円形に隆起している円盤を打ち合わせて用いる。単に鈸ともいい,古くは抜,跋などとも書いた。中国では銅鈸子,銅盤ともいい,鐃(によう),鐃鈸,鋪,星などとも称した。…

※「鈸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone