コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅鈸 どうばつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅鈸
どうばつ

東洋の体鳴楽器で,日本では銅鉢 (どうはち,どうばち) ともいう。ほかに 子,銅盤,鈸などともいう。小型のものを特に銅拍子 (どびょうし) といい,舞具としても用いられる。中国でも本来は外来楽器であって,銅抜,銅跋などとも表記され,また「銅」に「 (どう) 」の字をあてることから,銅 鈸と鐃 鈸とが混用されたりもする。大きさによってさまざまな名称がある。シンバル一種で,中心部が円形に隆起した円盤の中心に紐を通し,2個をすり合わし,また打鳴らす。仏教では法具として 30~40cmほどのものを用い,その奏法は宗派ごとに規定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐ばち【銅×鈸/銅鉢】

仏家で用いる打楽器の一種。銅で作った二つの円盤で、外側中央にひもが通り、左右の手に持って打ち合わせて鳴らす。銅拍子(どびょうし)。鐃鈸(にょうはち)。

どう‐ばつ【銅×鈸】

どうばち(銅鈸)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうばつ【銅鈸】

中国,朝鮮,日本の属製打楽器。シンバルの類で,中央が円形に隆起している円盤を打ち合わせて用いる。単に鈸ともいい,古くは抜,跋などとも書いた。中国では銅鈸子,銅盤ともいい,鐃(によう),鐃鈸,鋪,星などとも称した。インドから仏教楽器として渡来,古くは銅抜,銅跋などと書いたが,唐以後銅鈸と書くようになった。宮廷宴楽や仏教音楽に用いられたが,元以後劇楽で重要な打楽器となり,とくに京劇の武場では,大小の鈸を盛んに用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうばち【銅鈸】

打楽器の一。銅製の中央部が椀状に盛り上がった円盤で、中央にひもをつけ二枚を打ち合わせて鳴らす。直径30~45センチメートル 内外。西アジアから仏教とともに中国を経て渡来。法会などで用いる。鈸ばつ。どうばつ。

どうばつ【銅鈸】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


どうばつ

東アジアの金属製シンバル。単に「」ともいう。大きさは直径約10センチメートルないし35センチメートルまでさまざまで、中高になった円盤中央部に紐(ひも)をつけ、それを持って打ち合わせる体鳴楽器。中国では「銅(ばつし)」などと書き、宮廷音楽、仏教音楽に用いられたが、元代以降京劇などの劇音楽で盛んに用いられるようになった。朝鮮でも仏教音楽やシャーマンの音楽に使用される。日本へはすでに奈良時代に伝来しており、平安時代には「銅拍子(どびょうし)」「土拍子」とよばれるようになった。「銅子」と称して舞楽の『迦陵頻(かりょうびん)』の舞具として用いられるほか、出雲流神楽(いずもりゅうかぐら)、山伏神楽、田楽(でんがく)などの民俗芸能、「チャッパ」と称して歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽で使用される。仏教音楽では「はち」(・鉢)と称し、「鐃(にょう)」とセットで用いる。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の銅鈸の言及

【鐃】より

…〈どう〉ともいう。(かね)・銅鑼(どら)の類,(れい)類,銅鈸(どうばつ)類のいずれについても用いられた名称。古代中国では舌をもたない大型の鈴をいい,のちには舌をつけたものも指す。…

※「銅鈸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銅鈸の関連キーワード団扇太鼓田楽踊り囃子田西域楽仏家ばつ田楽散楽伎楽銅製法会

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android