コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄引草 カナビキソウ

デジタル大辞泉の解説

かなびき‐そう〔‐サウ〕【鉄引草】

ビャクダン科の多年草。草地に生え、他の草の根に寄生。高さ10~25センチ。茎は細く、葉は線形で白みを帯びる。初夏、外面が淡緑色で内面が白色の筒状の小花が咲く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鉄引草 (カナビキソウ)

学名:Thesium chinense
植物。ビャクダン科の半寄性多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鉄引草の関連キーワードカナビキソウ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android