コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛温泉 なまりおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉛温泉
なまりおんせん

岩手県中西部,花巻市の北西,豊沢川上流の渓谷に沿う温泉。 300年の歴史をもつ古い湯治場で,花巻温泉郷の1つ。泉質は単純泉。泉温 52~63℃。湯量は豊富。近くにスキー場がある。花巻温泉郷県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なまり‐おんせん〔‐ヲンセン〕【鉛温泉】

岩手県花巻市西部にある温泉。泉質は単純温泉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉛温泉
なまりおんせん

岩手県中央部、花巻(はなまき)市にある温泉。豊沢(とよさわ)川渓谷に臨み、花巻温泉郷の一つ。泉質は硫黄泉。1753年(宝暦3)の発見と伝えられ、ひなびた湯治場であったが、近年、施設も近代化し、高倉山には鉛温泉スキー場がある。JR東北本線花巻駅からバスの便がある。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鉛温泉の関連情報