コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱化剤 こうかざい mineralizer, mineralisateur

1件 の用語解説(鉱化剤の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

鉱化剤

この語はミシェル・レヴィが提案したが[Michel-Levy : 1889],内容はボウモンの定義に従っており[Elie de Beaumont : 1847],鉱化作用の考えはシィラーによって発展された[Scheerer : 1842, 1847].現在ではミネラライザはマグマ性のガスを指し,中には水素,水および,フッ素ホウ素,硫黄,炭素などの化合物,および他の揮発性物質が含まれている.これらは(1) 粘性を低くし,結晶作用の温度範囲を広げ,触媒作用を行い多様な鉱物の結晶作用を容易にする.(2) 鉱物に成分として入り,他の作用では形成できない鉱物を作る.(3) マグマの中に分散して入っていた金属成分や他の成分を抽出し濃集することが可能になる[Park & MacDiarmid : 1964].鉱化ガスのことで,マグマあるいは鉱化液体中の揮発生成分である.この中にはマグマ中の金属成分と結合した揮発性の化合物が存在し,ガス相互の化学作用や岩石を交代して種々の鉱石や脈石を形成する[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉱化剤の関連キーワードシェルモールド法セーシェルセイシェルシェッフェルヘッドシェルクリストスフェンデヴィ岩ミッシェル‐レヴィの図リヴィ指数シェルカンパニー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone