鉱工業統計(読み)こうこうぎょうとうけい

世界大百科事典 第2版の解説

こうこうぎょうとうけい【鉱工業統計】

産業としての鉱工業を対象とする統計であり,鉱工業全般についてのものと個々の業種別のものとがある。また内容的には,いちおう生産活動,需給流通,企業経営,設備状況等のいずれに重点をおいているかで分類することができる。工業全般に関する統計としては,まず〈工業統計〉がある。工業に関する国勢調査ともいうべきもので,毎年12月31日現在で通産省が,製造業の各事業所の過去1年間の生産活動に係る従業者数,原材料使用額,製造品出荷額,有形固定資産額,工業用地・用水等を調査している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android