コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱工業生産指数 こうこうぎょうせいさんしすうindex of industrial production

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱工業生産指数
こうこうぎょうせいさんしすう
index of industrial production

経済産業省が実施している生産動態統計調査などの調査結果を個別系列とし,これを指数化することによって月々の鉱工業生産の水準および動きを示すものである。 1985年基準における採用品目は 522品目である。生産指数には生産額ウエートと付加価値額ウエートがあるが,通常は後者が用いられる。この指数は,鉱工業生産の動向を示す重要な指標であるとともに,その変動は景気の動きを敏感に反映することから,好不況の情勢判断にも不可欠の実際的役割を担っており,政府の「月例経済報告」の主要経済指標の一つとしても取り入れられている。分類としては業種分類 (日本標準産業分類に基づき若干組み替え) と特殊分類 (財別分類) の2種類が用いられる。毎月,速報を翌月下旬に,確報を翌々月中旬に公表している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鉱工業生産指数

自動車や機械、鉄鋼など主要な工業品の生産量を基準年(現在は05年)と比べ、指数として示したもの。17業種から496品目を選んでいる。経済産業省当月の指数を翌月末に発表する。景気の動向を判断する重要な指標とされる。

(2008-12-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうこうぎょう‐せいさんしすう〔クワウコウゲフ‐〕【鉱工業生産指数】

Indices of Industrial Production》日本の鉱工業指数の一。約500品目の鉱工業製品について、1か月間の生産量を、直近の基準年(西暦末尾が0か5の年)のそれを100として指数化したもの。付加価値額ウエートと生産額ウエートがあるが、前者がより重視される。生産指数。
Industrial Produce Index》米国のFRBが毎月発表する、鉱業製造業や電気・ガスなど公共部門の生産量を指数化した数値。同国の生産活動や設備投資の状況が示されるので、株式や為替の相場への影響が大きい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ワイジェイFX用語集の解説

鉱工業生産指数

月々の鉱工業の生産の状況を、ある一定の時期における生産量を基準にして指数化した指標の事です。生産動向を測る上で、最も有力な指標として注目されています。

出典 ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

こうこうぎょうせいさんしすう【鉱工業生産指数】

鉱業および製造業の生産動向を、基準年度を100として表した生産指数。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉱工業生産指数
こうこうぎょうせいさんしすう
Index of Industrial Production

略号IIP。日本の鉱業および製造業の生産動向を、その活動を総体として把握するために、ある基準年次を100とした指数で表したもの。鉱工業に属する業種では、非常に多数にわたる品目の製品を生産しているが、それらのなかから生産動態統計調査などを基本資料として重要性の高い品目を選定し、それらの生産量をおのおのの基準年次の生産量と比較した指数を作成し、それらを総合することによって全体指数とする。その総合の仕方は加重平均であるが、そのウェイト(加重)として、各品目の付加価値額を用いるものと、生産額を用いるものとの2種類の指数が作成されている。付加価値額ウェイト指数は、いわば国民経済全体の活動水準の動向を国民純生産の指数で把握するのに相当し、個々の生産活動の最終的な成果を総合的に示すものといえる。これに対して、生産額ウェイト指数は、国民経済活動水準を中間需要額をも含んだ生産額の指数でみることに相当し、生産量そのものの動向を総合的に示すものといえる。
 ところで、総合指数作成への基礎となる採用品目も、そのウェイトとなる各品目の重要性も、時代につれて経済の実態が変化するに伴って、当然変更されなければならない。したがって現在、指数の基準年次は5年ごとに更新されているが、それに伴い採用品目、ウェイトの見直しも行われている。そして、その品目とウェイトが固定されたまま、次の基準年改定時まで継続して使用されて総合指数が作成される(ラスパイレス指数算定方式)。
 指数は鉱業と製造業について個別に作成され、それらを総合して鉱工業生産指数とされるが、それがさらに公益事業指数とあわせられて、産業総合指数が作成される。これらの業種別指数のほかに、採用品目を財用途別に分類し、最終需要財、生産財、さらに投資財、耐久消費財、非耐久消費財等の指数も作成されている。2015年時点の基準年次は2010年(平成22)であり、生産指数への採用品目数は487である。各指数は経済産業省によって毎月作成され、『鉱工業指数年報』などに公表されている。鉱工業生産指数は、出荷指数や在庫指数などの関連指数とともに、経済・生産活動および供給部門中の鉱工業の動向を具体的に示す基本的な指標であるところから、国民経済の景気動向を把握するうえでの代表的な情報の一つとして用いられる。[高島 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鉱工業生産指数の言及

【生産指数】より

…国全体の生産指数は,個別の産業の生産指数を一定ウェイト(通常は各産業の付加価値額が用いられる)で集計することによって作成される。生産指数のなかでとくに利用されるのは,通産省によって毎月発表されている鉱工業生産指数で,これは重要な景気指標の一つである(〈鉱工業統計〉の項参照)。【牧野 文夫】。…

※「鉱工業生産指数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉱工業生産指数の関連キーワード鉱工業生産指数(Industrial produce index)規模別鉱工業生産指数製造工業生産予測指数製造工業稼働率指数経済自立五ヵ年計画赤羽インデックス季節調整済み計数景気の一致指数労働生産性指数景気動向指数数量指数一致指数景気指標景気循環IPI

鉱工業生産指数の関連情報