(読み)ほこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ほこ

袋穂をもつ両刃長柄の武器。日本へは弥生時代に銅製品が大陸から伝わったが,やがて鋭い細形の狭鋒銅鉾祭祀儀器としての広鋒銅鉾がつくられた。古墳時代には鉄製品が現れたが,鎌倉時代以降は実戦に用いられず,もっぱら祭祀用となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉾の関連情報