コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀シアン化カリウム ぎんシアンかカリウム potassium silver cyanide

3件 の用語解説(銀シアン化カリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀シアン化カリウム
ぎんシアンかカリウム
potassium silver cyanide

化学式 K[Ag(CN)2] 。無色の結晶で,感光性がある。酸と反応し不溶性シアン化銀を沈殿する。猛毒。殺菌剤となるほか,銀メッキ用に広く使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎんシアンか‐カリウム〔ギン‐クワ‐〕【銀シアン化カリウム】

銀の塩化物水溶液シアン化カリウム水溶液を加えて得られる無色の結晶。銀めっきに用いる。ジシアノ銀(Ⅰ)酸カリウム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀シアン化カリウム
ぎんしあんかかりうむ
potassium silver cyanide

正しくはジシアノ銀()酸カリウムという。銀塩水溶液にシアン化カリウムを加えると、初めシアン化銀が沈殿してくるが、さらにシアン化カリウムを加えると、錯イオンを生成して溶け、無色の溶液となり、この溶液から無色の結晶として得られる。化学式K[Ag(CN)2]、式量199.0、比重2.36。水、エタノール(エチルアルコール)に溶け、乾燥していれば光によって変化しない。溶液は銀めっき液として用いられる。きわめて毒性が強い。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の銀シアン化カリウムの言及

【シアノ銀酸塩】より

…塩として最も代表的なものはジシアノ銀(I)酸カリウムK[Ag(CN)2]である。俗に銀シアン化カリウムとも呼ばれる。白色結晶性固体で,AgCNをKCN水溶液に溶かした溶液から得られる。…

※「銀シアン化カリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銀シアン化カリウムの関連キーワードシアン抱水クロラールホスホン酸塩化錫ルイサイトCNガス蓚酸硫化珪素塩化スズ(塩化錫)シアノ銀酸塩

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone