コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀シアン化カリウム ぎんシアンかカリウムpotassium silver cyanide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀シアン化カリウム
ぎんシアンかカリウム
potassium silver cyanide

化学式 K[Ag(CN)2] 。無色の結晶で,感光性がある。酸と反応し不溶性シアン化銀を沈殿する。猛毒殺菌剤となるほか,銀メッキ用に広く使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀シアン化カリウム
ぎんしあんかかりうむ
potassium silver cyanide

正しくはジシアノ銀()酸カリウムという。銀塩水溶液にシアン化カリウムを加えると、初めシアン化銀が沈殿してくるが、さらにシアン化カリウムを加えると、錯イオンを生成して溶け、無色の溶液となり、この溶液から無色の結晶として得られる。化学式K[Ag(CN)2]、式量199.0、比重2.36。水、エタノール(エチルアルコール)に溶け、乾燥していれば光によって変化しない。溶液は銀めっき液として用いられる。きわめて毒性が強い。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の銀シアン化カリウムの言及

【シアノ銀酸塩】より

…塩として最も代表的なものはジシアノ銀(I)酸カリウムK[Ag(CN)2]である。俗に銀シアン化カリウムとも呼ばれる。白色結晶性固体で,AgCNをKCN水溶液に溶かした溶液から得られる。…

※「銀シアン化カリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

銀シアン化カリウムの関連キーワード銀鍍金

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android