銅族元素(読み)ドウゾクゲンソ

大辞林 第三版の解説

どうぞくげんそ【銅族元素】

銅・銀・金の三つの遷移元素の総称。展性・延性に富む金属で、特徴のある美しい金属光沢をもつため古来貴金属として知られる。合金材料として広い用途がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銅族元素
どうぞくげんそ
element of the copper group

周期表第11族に属する銅、銀、金の3元素の総称。貨幣金属coinage metalともよばれる。貴金属で、いずれも天然に単体として産出することがあり、また鉱石から金属を容易に取り出すことができるので、古くから知られている金属である。ただし地殻中における存在度は低い。いずれも美しい金属光沢があり、延性、展性のある軟らかい金属で、比重が大きく、とくに熱および電気の伝導度がきわめて高い。化合物は、銅が2価、銀が1価、金が3価をもっとも普通にとるが、いずれもそのほか1価から3価までをとりうる。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android