コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅族元素 ドウゾクゲンソ

3件 の用語解説(銅族元素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どうぞく‐げんそ【銅族元素】

の3元素の総称。周期表ⅠB族に属する。金属光沢があり、展性延性に富む。古来貴金属として珍重される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうぞくげんそ【銅族元素】

銅・銀・金の三つの遷移元素の総称。展性・延性に富む金属で、特徴のある美しい金属光沢をもつため古来貴金属として知られる。合金材料として広い用途がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銅族元素
どうぞくげんそ
element of the copper group

周期表第11族に属する銅、銀、金の3元素の総称。貨幣金属coinage metalともよばれる。貴金属で、いずれも天然に単体として産出することがあり、また鉱石から金属を容易に取り出すことができるので、古くから知られている金属である。ただし地殻中における存在度は低い。いずれも美しい金属光沢があり、延性、展性のある軟らかい金属で、比重が大きく、とくに熱および電気の伝導度がきわめて高い。化合物は、銅が2価、銀が1価、金が3価をもっとも普通にとるが、いずれもそのほか1価から3価までをとりうる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銅族元素の関連キーワードオスミウムサマリウムジスプロシウム炭素バリウムハロゲン族元素同族元素亜族元素周期表

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone