鋳鍛工業(読み)ちゅうたんこうぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうたんこうぎょう【鋳鍛工業】

鋼を溶かして鋳型に注いで製品を作ったり(鋳造),さらに鋳造された鋼塊プレスハンマー圧力を加えて製品を作る(鍛造)事業をいう。工業であるから機械を用いた近代的な製造方法によるものを指すが,工業化以前の時代には人手によって鋳型やハンマーを使い,等の武器道具が作られた。鋳造は鋳型で注文どおりの寸法の製品を作るものだから,複雑な形状の製品に適しているが,量産には向かない。鋳は主として機械用の素形材として使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android