錯乱円(読み)さくらんえん(英語表記)circle of confusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錯乱円
さくらんえん
circle of confusion

レンズ,球面鏡などの光学系による結像を考えるとき,1つの物点より発した光線束が近軸光線の条件からはずれると,狭義球面収差非点収差のために1つの点に集束しない非点光線束となる。この光線束の像点近傍における包絡面は光線の密度が高いため火面と呼ばれるが,火面を主光線に垂直に切ったときの切断面が円形の像になるとき,これを錯乱円と呼ぶ。この円が最小になるところの像を最小錯乱円と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android