コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錯乱円 さくらんえんcircle of confusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錯乱円
さくらんえん
circle of confusion

レンズ,球面鏡などの光学系による結像を考えるとき,1つの物点より発した光線束が近軸光線の条件からはずれると,狭義球面収差非点収差のために1つの点に集束しない非点光線束となる。この光線束の像点近傍における包絡面は光線の密度が高いため火面と呼ばれるが,火面を主光線に垂直に切ったときの切断面が円形の像になるとき,これを錯乱円と呼ぶ。この円が最小になるところの像を最小錯乱円と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さくらん‐えん〔‐ヱン〕【錯乱円】

カメラなどの光学系で、焦点の前後で結像する円。この錯乱円の大きさが、設計上許容される分解能よりも小さい範囲を焦点深度という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例