コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火面 かめんcaustic surface

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火面
かめん
caustic surface

レンズや球面鏡のような光学結像系において,1点から出た光線束の結像を考えるとき,近軸光線の条件からはずれると,たとえ単色の光であっても完全な点像にならないで,ある広がりをもつようになる。このような欠陥は光学系狭義球面収差コマ収差非点収差によって起る。像点の近くでの光線束の包絡面では光線の密度が高くなっていて,スクリーンを置くと外周の輝度が高くなる。この面を火面と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐めん〔クワ‐〕【火面】

一点から出た光が収差のある光学系を通ったあと、一点に集中しないでつくるエネルギー密度の高い曲面

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かめん【火面】

一点から出た光が光学系の収差により像側で一点に集束しない時、互いに接近した光線の交点全体がつくる曲面。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火面の関連キーワード消火器マリュ錯乱円

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火面の関連情報