コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋田晶山 なべた しょうざん

2件 の用語解説(鍋田晶山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋田晶山 なべた-しょうざん

1778-1858 江戸時代後期の武士。
安永7年生まれ。陸奥(むつ)平藩(福島県)藩士。渡辺崋山,藤田東湖らとまじわる。文政11年「改正陸奥磐城(いわき)四郡疆界路程全図」を完成させる。「磐城志」「晶山蘭臭」「赤穂義人纂書(さんしょ)」などをのこす。安政5年3月11日死去。81歳。名は三善(みつよし)。字(あざな)は子行。通称は舎人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍋田晶山
なべたしょうざん
(1788―1858)

磐城(いわき)(たいら)藩中老。名は三善(みつよし)、字(あざな)は子行、通称舎人(とねり)、晶山はその号。家老職を務めた父三房(みつふさ)の影響を受け学問を好み、兵学者清水赤城(しみずせきじょう)の門に入った。江戸・大塚の平藩下屋敷に住み、平(福島県いわき市)の邸は田町にあった。1814年(文化11)地図作成の藩命を受け平に移り、28年(文政11)に『改正陸奥(むつ)磐城四郡疆界(きょうかい)路程全図』を完成させた。41年(天保12)6月大塚の住居が火災にあい、大著『磐城志』10巻の稿本や多くの収集資料を失ったが、『赤穂(あこう)義人纂書(さんしょ)』の資料探索は晩年まで続いた。渡辺崋山(かざん)、屋代弘賢(やしろひろかた)、藤田東湖(とうこ)、小宮山楓軒(こみやまふうけん)(昌秀(まさひで))など交友の広さとその博識とは当時類をみない。57年(安政4)70歳で隠居。翌安政(あんせい)5年3月11日没。雑司ヶ谷(ぞうしがや)・法明(ほうみょう)寺に葬られた。[小野一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍋田晶山の関連キーワード石川梧堂岡田子明片山辰世鈴木春波鈴木宗休関忠親高田亘蜂屋光世柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone