コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍵富三作 かぎとみ・さんさく

朝日日本歴史人物事典の解説

鍵富三作

没年:明治41.3(1908)
生年:天保4.7.15(1833.8.29)
明治時代の新潟県の実業家。新潟県の大地主の家に生まれる。19歳のときに父の死去に伴い米の投機商となる。明治1(1868)年の米価暴騰の際に投獄されたのを機に投機から手を引き,以後,漸次資産を蓄積。海運業にも進出するなどして北越屈指の富豪となり,新潟県内外の大企業に投資した。明治9年新潟銀行に入り取締役となり,次いで新潟電灯株式会社の監査役になる。29年北越鉄道会社の創立に関与。新潟港築港,新潟持寄米売買所・新潟商業会議所設立などにも尽力した。<参考文献>『新潟県史』通史編6~8巻,牧田利平編『越佐人物誌』

(藤井信幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鍵富三作の関連キーワード鍵富 三作(2代目)鍵富三作(2代)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android