コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍵富三作 かぎとみ・さんさく

1件 の用語解説(鍵富三作の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

鍵富三作

没年:明治41.3(1908)
生年:天保4.7.15(1833.8.29)
明治時代の新潟県の実業家。新潟県の大地主の家に生まれる。19歳のときに父の死去に伴い米の投機商となる。明治1(1868)年の米価暴騰の際に投獄されたのを機に投機から手を引き,以後,漸次資産を蓄積。海運業にも進出するなどして北越屈指の富豪となり,新潟県内外の大企業に投資した。明治9年新潟銀行に入り取締役となり,次いで新潟電灯株式会社の監査役になる。29年北越鉄道会社の創立に関与。新潟港築港,新潟持寄米売買所・新潟商業会議所設立などにも尽力した。<参考文献>『新潟県史』通史編6~8巻,牧田利平編『越佐人物誌』

(藤井信幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

鍵富三作の関連キーワード監獄法新聞小説光緒帝クリーマーロマンワインガルトナー井上光ウェルニーエアトン小河滋次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone