コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌原桐山 かんばら とうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌原桐山 かんばら-とうざん

1774-1852 江戸時代後期の儒者。
安永3年11月14日生まれ。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士。岡野石城,のち江戸で佐藤一斎にまなぶ。武技にもすぐれた。真田幸弘(ゆきひろ)・幸専(ゆきたか)・幸貫(ゆきつら)の3代の藩主につかえ,首席家老にすすんだ。門人に佐久間象山らがいる。嘉永(かえい)5年閏(うるう)2月26日死去。79歳。名は重賢,貫忠。字(あざな)は子恕。通称は伯耆,石見。著作に「大東鈴家智嚢」。

鎌原桐山 かまはら-とうざん

かんばら-とうざん

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鎌原桐山の関連キーワード武道初心集山寺常山儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android