コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田一窓 かまだいっそう

2件 の用語解説(鎌田一窓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌田一窓
かまだいっそう

[生]享保6(1721)
[没]文化1(1804)
江戸時代後期の心学者。京都で医を業とする。著作『売卜先生糠俵』『絵本雨やどり』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田一窓 かまた-いっそう

1721-1804 江戸時代中期の心学者。
享保(きょうほう)6年生まれ。京都にでて医学をまなび,医を業とする。石田梅岩の門弟の斎藤全門に師事して心学をおさめ,庶民の日常生活を題材にした道話集「売卜(ばいぼく)先生糠俵(ぬかだわら)」などをあらわした。文化元年6月5日死去。84歳。紀伊(きい)有田郡(和歌山県)出身。名は知。号は卜翁,虚白斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鎌田一窓の関連キーワード布施松翁常直脇坂義堂石川総弾斎藤全門三鍼慈恩尼志村天目平野橘翁矢口来応

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone