コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田一窓 かまだいっそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌田一窓
かまだいっそう

[生]享保6(1721)
[没]文化1(1804)
江戸時代後期の心学者。京都で医を業とする。著作売卜先生糠俵』『絵本雨やどり』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田一窓 かまた-いっそう

1721-1804 江戸時代中期の心学者。
享保(きょうほう)6年生まれ。京都にでて医学をまなび,医を業とする。石田梅岩門弟の斎藤全門に師事して心学をおさめ,庶民の日常生活を題材にした道話集「売卜(ばいぼく)先生糠俵(ぬかだわら)」などをあらわした。文化元年6月5日死去。84歳。紀伊(きい)有田郡(和歌山県)出身。名は知。号は卜翁,虚白斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鎌田一窓の関連キーワード石門心学鎌田柳泓

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android