鎌髭(読み)カマヒゲ

デジタル大辞泉の解説

かま‐ひげ【鎌×髭】

鼻の下から左右へ、鎌の形にはね上げたひげ。江戸時代、奴(やっこ)などが生やした。また、油墨でかいたものもある。やっこひげ。

かまひげ【鎌髭】[歌舞伎]

歌舞伎十八番の一。安永3年(1774)江戸中村座初演の桜田治助作「御誂染曽我雛形(おあつらえぞめそがのひながた)」二番目の大切(おおぎり)原形。現在のものは、明治になってからの、竹柴金作の新脚色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かまひげ【鎌髭】

鼻の下から左右の頰ほおへ太くはね上げて、鎌の形に伸ばした髭。江戸時代、奴やつこなどが生やしたもの。油墨で描くこともあった。
歌舞伎十八番の一。1769年、江戸中村座の「曽我的愛護若松そがもようあいごのわかまつ」などが初演といわれるが未詳。現行のものは、1774年、江戸中村座で四世市川団十郎が「御誂染曽我雛形おあつらえぞめそがのひながた」の大切おおぎりで初演した初世桜田治助作のものを、明治時代に復活したもの。三保谷四郎が髭そりにかこつけて景清の首を切ろうとするが景清は不死身のため切れず、双方にらみ合うというもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android