コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大概 タイガイ

デジタル大辞泉の解説

たい‐がい【大概】

[名・形動]
物事の全部ではないが、その大部分。ほとんど。だいたい。たいてい。副詞的にも用いる。「大概の人は知らない」「漱石の作品は大概読んだ」「朝食は大概パンだ」
物事のおおよその内容。あらまし。概略。大要。「計画の大概を説明する」
物事の程度などがありふれていること。また、そのさま。たいてい。「大概な(の)ことには驚かない」
物事の程度があまり極端にならないこと。ある程度でやめておくこと。また、そのさま。ほどほど。「大概な(の)ところで切り上げなさい」「いたずらも大概にしろ」
[副]
かなりの程度に達するさま。いいかげん。「大概嫌になる」
推測がかなり確かなさま。たぶん。おそらく。「これだけ言っておけば大概大丈夫だろう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいがい【大概】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
大略。概略。あらまし。 「事の-が判明する」 「文学-」
ほとんど。大部分。大半。 「デパートには-の物は置いてある」 「 -の人は理解している」
一般的であること。ありふれていること。ふつう。 「さのみとりはやしもせず-のあしらひに見える/洒落本・甲駅新話」
ふつうでないこと。はなはだしいこと。 「いやもう草臥くたびれも-/浄瑠璃・夏祭」
( 副 )
一部例外はあるが、大部分はそうであるさま。たいてい。だいたい。 「昼間は-出かけています」
すっかり。いいかげん。 「 -いやになってしまった」
(「たいがいに」の形でも用いる)常識の範囲での限界を超えないさま。そのくらいに。 「 -あきらめたらどうだ」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大概の関連キーワード七つ下りの雨ぞっとしない春樹顕秘抄日光御成道水戸佐倉道村鑑大概帳飛鳥井雅康飛鳥井雅世詠歌大概抄浮世の習い日光道中壬生通り杉山和一村田春野松下烏石金谷興詩奥州道中藤原定家檜垣常晨細川幽斎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大概の関連情報