鏤刻(読み)ろうこく

精選版 日本国語大辞典「鏤刻」の解説

ろう‐こく【鏤刻】

〘名〙 (「鏤」は金属に物を彫ること、「刻」は木に彫ること)
① 彫りきざむこと。特に、文字をきざみ文章にすること。るこく。刻鏤
※養生訓(1713)六「寛永六年已後扁板鏤刻の医書漸多し」 〔晏子春秋‐諫・下〕
② 文章や字句推敲修飾すること。るこく。〔宋史‐欧陽脩伝〕

る‐こく【鏤刻】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鏤刻」の解説

ろう‐こく【×鏤刻】

[名](スル)
金属や木などに文字や絵を彫り刻むこと。るこく。「記念碑詩句鏤刻する」
文章や詩句を推敲(すいこう)すること。るこく。

る‐こく【×鏤刻】

[名](スル)ろうこく(鏤刻)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android