コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘捲自斎 かねまき じさい

2件 の用語解説(鐘捲自斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鐘捲自斎 かねまき-じさい

?-? 江戸時代前期の剣術家。
遠江(とおとうみ)(静岡県)の人。富田景政(とだ-かげまさ)に富田流をまなび,山崎左近将監(さこんしょうげん),長谷川宗喜(むねのぶ)とともに富田の三家と称される。鐘捲(外他(とだ))流をひらいた。姓は別に外他。名は通家,通宗。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鐘捲自斎
かねまきじさい

近世初頭の剣術家。一刀流の始祖伊藤一刀斎景久(かげひさ)の師とされる人物であるが、その生没、履歴は明らかではない。唯心一刀流古藤田(ことうだ)伝書には鐘捲外他通宗(とだみちむね)とあり、別姓に外他を称し、名を通宗(通家ともいう)、自斎と号したことがわかる。またその姓から越前(えちぜん)の名家印牧(かねまき)氏の出身とみられるが、そのいずれにあたるか確証がない。『武芸小伝』ほかの諸説をまとめると、通宗は中条(ちゅうじょう)流を富田(とだ)五郎左衛門清源(せいげん)(勢源)および九郎左衛門景政(かげまさ)に学び、中条流の小太刀と自らくふう考案した中太刀の技法に精妙を得、山崎左近将監(さこんしょうげん)、長谷川宗喜(はせがわそうき)とあわせて「富田の三家」と称された。その門流を鐘捲流、外他流という。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鐘捲自斎の言及

【一刀流】より

…剣術の代表的流派。流祖は伊藤一刀斎景久で,戦国末期ころ,富田流の鐘捲自斎(かねまきじさい)に学び創意くふうを加えて創始したという。一刀流は,門弟小野忠明のとき,徳川将軍指南の流儀として柳生新陰流とともに重きをなし,全国的に隆盛であった。…

※「鐘捲自斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鐘捲自斎の関連キーワード伊藤清長新免弁助瀬戸口備前田宮三之助土屋市兵衛根来重明原田利重間宮五郎兵衛村田与三和田兵斎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone