コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾景信 ながお かげのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾景信 ながお-かげのぶ

1413-1473 室町時代の武将。
応永20年生まれ。長尾景仲(かげなか)の子。父の跡をついで山内上杉家の執事,上野(こうずけ)・武蔵(むさし)守護代をつとめた。享徳3年鎌倉公方(くぼう)足利成氏(しげうじ)が関東管領(かんれい)上杉憲忠(のりただ)を殺した享徳の乱では成氏とたたかい,下総(しもうさ)古河(こが)においつめた。文明5年6月23日死去。61歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は彦四郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長尾景信の関連キーワード太田道灌長尾景春室町時代栖吉城鉢形城小机城練馬城