長尾景信(読み)ながお かげのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾景信 ながお-かげのぶ

1413-1473 室町時代の武将。
応永20年生まれ。長尾景仲(かげなか)の子。父の跡をついで山内上杉家の執事,上野(こうずけ)・武蔵(むさし)守護代をつとめた。享徳3年鎌倉公方(くぼう)足利成氏(しげうじ)が関東管領(かんれい)上杉憲忠(のりただ)を殺した享徳の乱では成氏とたたかい,下総(しもうさ)古河(こが)においつめた。文明5年6月23日死去。61歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は彦四郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android