上杉憲忠(読み)うえすぎ のりただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉憲忠 うえすぎ-のりただ

1433-1455* 室町時代の武将。
永享5年生まれ。上杉憲実の子。鎌倉公方(くぼう)足利持氏をほろぼした(永享の乱)のち,父とともに出家。長尾景仲らの要請で還俗(げんぞく)し,文安5年関東管領となる。のち持氏の子成氏(しげうじ)が公方に就任すると対立。享徳3年12月27日成氏邸で結城成朝(ゆうき-しげとも)らに殺された。22歳。初名は竜忠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉憲忠

没年:享徳3.12.27(1455.1.15)
生年:永享5(1433)
室町時代の武将。関東管領。憲実の子。幼名竜忠。右京亮。永享11(1439)年に鎌倉公方足利持氏が滅亡し,その責を負って隠退した父憲実の命により出家したが,長尾景仲らに擁立されて還俗,憲忠と名乗り文安5(1448)年には関東管領となった。しかしほぼ同時に公方となった足利成氏(持氏の子)との対立は深刻化し,享徳3(1454)年の暮れ,成氏の鎌倉西御門の御所に招かれて謀殺され,22歳の短い生涯を閉じた。

(山田邦明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android