コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長山串 ちょうざんかん Changsan‐kot

2件 の用語解説(長山串の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうざんかん【長山串 Changsan‐kot】

朝鮮半島の中間よりやや北方の黄海に最も突出した地域の先端にある岬。朝鮮民主主義人民共和国黄海南道に属する。松の美林が覆い,李朝時代には船や宮室用木材供給地として保護された。石灰岩粘板岩が分布し,海底の凝灰質粘板岩は海州硯の原料に供された。近海はイシモチ,フグなどの漁場で,岬入口の夢金浦港や岬南方の白翎(はくれい)島根拠地として水産業が盛んである。岬の北に西朝鮮湾,南に京畿湾が開けている。【谷浦 孝雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長山串
ちょうざんかん / チャンサンコッ

北朝鮮、黄海南道竜淵郡から黄海(朝鮮半島では西海とよぶ)に突出した岬。長山串から北朝鮮東海岸日本海側)の襄陽(じょうよう)沿岸までの直線距離は、朝鮮半島の東西間の最長距離で354キロメートルである。長山串から13キロメートルの北岸には砂丘で名高い夢金浦(むきんほ)がある。砂が細かく珪砂(けいさ)からなり、ガラス原料として採取される。砂浜には松林が茂り、夏の避暑地となっている。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長山串の関連キーワード黄海支石墓朝鮮牛朝鮮半島能登金剛東アジア朝鮮鼬北方仏教鎬造大延坪島

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長山串の関連情報