京畿湾(読み)けいきわん

世界大百科事典 第2版の解説

けいきわん【京畿湾 Kyŏnggi‐man】

朝鮮半島中央部,黄海側の湾。江華湾ともいい,北の長山串(ちようざんかん)と南の泰安半島の間の海域である。沈降海岸の一種で,きわめて複雑な1416kmに達する海岸線と江華島はじめ多数の島から成る。海底は浅く,数十kmの沖まで水深50m以下である。漢江,安城江などが湾に注ぐ。潮水の干満差が激しいため(仁川港沖では最高8.1m),ソウル外港である仁川港は水門式ドックにより大型船舶を出入させている。一方,広く発達した干潟地は塩田貝類の養殖,干拓など多方面に利用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京畿湾
けいきわん / キョンギマン

韓国(大韓民国)、京畿道(けいきどう/キョンギド)西岸の黄海(朝鮮半島では西海とよぶ)に臨む湾。臨津江(りんしんこう/リムチンカン)、礼成江(れいせいこう/リエソンカン)、漢江(かんこう/ハンガン)が流入。北は黄海北道(こうかいほくどう/ファンヘプクド)の長山串(ちょうざんかん/チャンサンコッ)、南は忠清南道(ちゅうせいなんどう/チュンチョンナムド)の泰安(たいあん/テアン)半島に至り、湾内には江華島(こうかとう/カンホワド)、永宗島(えいそうとう/ヨンチョンド)、徳積群島など約130余個の島嶼(とうしょ)が散在。潮汐(ちょうせき)の干満の差が大きく(8~9メートル)港湾発達に不利なため、荷役用に特別な施設(閘門(こうもん)式)がつくられた。湾内の仁川(じんせん/インチョン)港は釜山(ふざん/プサン)に次ぐ韓国第二の貿易港で、首都圏の門戸として商工業が大きく発達している。[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android