コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎屋源右衛門 ながさきや・げんえもん

1件 の用語解説(長崎屋源右衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

長崎屋源右衛門

江戸時代の江戸阿蘭陀宿の当主の通称。長崎屋は,オランダ商館長江戸参府の際の定宿として幕府が設けたもので,同様の定宿が京都,大坂にもあった。江戸日本橋本石町3丁目にあり,江戸前期から幕末まで11代が源右衛門を称した。オランダ人滞在中は,拝礼の案内,荷物の点検,健康管理など諸事に心を配るのが当主の務め。長崎会所,大坂銅座との関係が密で,舶載品買い取りの特権もあった。また長崎屋2階を舞台に行われた商館長一行と日本人(蘭学者,大名)との文化,学術交流では,裏方として潤滑油の役割を果たした。北斎の版画や当時の句「長崎屋自分の内へ分けて入り」は,オランダ人見物の群衆が宿の前でひしめき合うさまをよく伝えている。<参考文献>岡村千曳『紅毛文化史話』,板沢武雄『日蘭文化交渉史の研究』

(鳥井裕美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎屋源右衛門の関連キーワード大奥奥女中鴻池善右衛門尼店新井稲亭大畠文治右衛門堤等琳(2代)長崎屋源右衛門(初代)原三信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone