長崎次郎(読み)ながさきじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長崎次郎
ながさきじろう

[生]1895.8.30. 高知
[没]1954.10.2.
キリスト教書の出版事業家。 1921年北海道大学農学部卒業後,横浜関東学院中学の高等学部で教えた。高倉徳太郎に師事。 26年キリスト教書の出版を目的とする長崎書店を創立し,柏井園の著作を集めた『柏井全集』 (正続 11巻,1922) ,『高倉徳太郎全集』 (11巻,35~36) ほかを刊行。第2次世界大戦中の 44年,キリスト教書の出版社を合同して新教出版社をつくり社長に就任。戦前戦後を通して刊行された多数の書物はキリスト教界より注目された。同社からは雑誌『基督教文化』 (46~49) ,『福音と世界』 (52~ ) が刊行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長崎次郎 ながさき-じろう

1844-1913 明治時代の経営者。
天保(てんぽう)15年7月21日生まれ。長崎仁平の弟。肥後熊本藩の御用指物師の家に生まれる。明治7年熊本に書籍文房具店をひらく。書籍のほか教育器械,運動具類などを販売。44年長崎次郎書店を創立した。大正2年12月15日死去。70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android