コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎赤かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

長崎赤かぶ

長崎県長崎市で生産されるカブ。光沢のある赤紫色で、漬物などに用いられる。洋種とも、平戸の「木引カブ」を移したものとも言われ、来歴は不詳だが、栽培の歴史は古く、18世紀にはすでに栽培の記録がある。県により「ながさきの伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

長崎赤かぶ[根菜・土物類]
ながさきあかかぶ

九州・沖縄地方、長崎県地域ブランド
主に長崎市などで生産されている。来歴には諸説あるが、江戸時代にはすでに栽培されていたという。皮は濃い赤紫色で、先端部および果肉は白い。甘みが強くやわらかい。三昧漬け・なます・煮物などに利用される。11月から1月にかけて出荷。ながさき伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

長崎赤かぶの関連キーワード長崎県長崎市

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長崎赤かぶの関連情報