コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎赤かぶ

1件 の用語解説(長崎赤かぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

長崎赤かぶ

長崎県長崎市で生産されるカブ。光沢のある赤紫色で、漬物などに用いられる。洋種とも、平戸の「木引カブ」を移したものとも言われ、来歴は不詳だが、栽培の歴史は古く、18世紀にはすでに栽培の記録がある。県により「ながさきの伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎赤かぶの関連キーワード唐人菜長崎小玉長崎早生長崎県長崎市出雲長崎県長崎市上町長崎県長崎市江戸町長崎県長崎市坂本長崎県長崎市田上長崎県長崎市立山長崎県長崎市戸町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長崎赤かぶの関連情報