コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長広舌 チョウコウゼツ

デジタル大辞泉の解説

ちょうこう‐ぜつ〔チヤウクワウ‐〕【長広舌】

《「広長舌」の変化した語》よどみなく長々としゃべりつづけること。「長広舌をふるう」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうこうぜつ【長広舌】

〔「広長舌」から生じた語〕
ながながとしゃべりたてること。 「 -をふるう」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の長広舌の言及

【三十二相】より

…額の中央の白毫(びやくごう)という長い毛は巻いて珠玉状となっている。長広舌といって舌が大きく長い。指と指のあいだが鳥の水かきのようにつながっている。…

【舌】より

…仏教でいう十悪のうち,うそをつく,二枚舌をつかう,悪口を言う,無駄口をたたくの四つが舌または口に関係し,《大集経》によれば阿弥陀仏はこの四つの過ちを犯さぬようにと広く長い舌(広長舌。長話をする意で使われる〈長広舌をふるう〉の長広舌はこれが転じたもの)を得た。これは顔を覆い,耳や髪の生え際から梵天までも達する大きさに加えて,その上に五つの模様があり,動かせば五色の光が出て仏の周りを七周するという(《往生要集》)。…

※「長広舌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長広舌の関連キーワード痴愚神礼讃三十二相ばら物語覚超料理長舌冗冗

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長広舌の関連情報